1. 畳表の材料「い草」とは(その5)

    先刈りしてから2か月後、6月の後半から7月にかけて、「い草」を刈り取ります。その後「泥染め」という作業をして、い草の表面をコーティングし均一に乾燥できるようにする作業です。低温で乾燥させることによって畳のあの青色と香りが生まれてきます。

  2. 畳表の材料「い草」とは(その4)

    11月から12月にかけて本田に植えた「い草」は2月頃までは根が成長し栄養を蓄えます。4月後半から5月にかけて、「い草」の先端を大きな芝刈り機のようなもので刈り取る先刈りをします。

  3. 畳表の材料「い草」とは(その3)

    11月後半から本田へのい草の植え付けが行われます。「苗割り」をして小さくした「い草」を植えていきます。寒い中、田んぼに入って手植えをするのは大変な作業です。

PAGE TOP