「5日で5000枚の約束プロジェクト」その後

当店が加盟しています避難所に無料で新しい畳を届ける「5日で5000枚プロジェクト」。熊本での活動をお伝えしようと思います。

まず、5月4日現在で避難所にお届けした畳の総数は5543枚 避難所数は38か所(7市2町)。前田代表がお届けする前に回った避難所約80数(9市3町1村)になります。九州地方から関東地方までの畳店348店が善意で作った畳を熊本にお届けしました。
5-500020160518-002

その後、被災地では避難所の集約準備段階になっています。その集約予定の避難所にはパーテーションなどが設置されます。その設置前に畳を敷き詰めることなどを提案しながら畳をお届けしています。

5-500020160518-013

その後5月16日に宮崎県の畳店で100枚、大津市岩戸の里より300枚の畳を移設し、5月17日に富山・石川・岐阜・滋賀・京都・和歌山・大阪・兵庫・岡山の畳店で569枚をお届けし、甲佐小学校・甲佐中学校の開校により使用されなくなった174枚を移設しました。

5-500020160518-028
2日間で合計1143枚をお届けしました。
施設担当者様より「夕方にはパーテーションも半分くらい設置できました、全国のメンバー皆様によろしくお伝えください。」とのことで「予想以上にいいスペースが出来上がり、部分的に利用しようと考えていましたができるだけ全面に利用します。」ともおっしゃっていただいたようです。
5-500020160518-016
この時点で制作が終了となりましたがこの時点まででお届けした新しい畳は「6,206枚」、利用後に移設した畳は「474枚」となりました。
5-500020160518-069
心ある畳店の皆さんが避難所にお住いの方が少しでも心穏やかにお過ごしいただけるように頑張った結果だと思います。
「5日で5000枚の約束」プロジェクト活動が少しでも認知され広まることを願いたいと思います。

おすすめ記事

  1. 皆さんにお世話になっております

関連記事

  1. 店頭ポスターを新しくしました
  2. 盛人大学大学祭
  3. 水害お見舞い
  4. たたら祭り打合せ
  5. 熊本応援のぼり新作を立てました
  6. 救急救命講習会
  7. 熊本八代い草刈り取り研修その3
  8. 業界紙に掲載されました

畳、襖、障子、網戸など気になりましたらお問い合わせください。

お客様のお問い合わせがない限りお電話をおかけすることはありません。 お見積もり無料でお伺いし、御見積書を作成させて頂きます。 当店の施工は運送代、家具移動、引き揚げ、敷き込み、清掃、すき間調整、高さ調整などすべて施工代金に含まれていますのでご安心ください。

私たちがお伺いします

jiga-a011
新関 博:畳ドクター、畳職業訓練指導員
jiga-b011
新関 道夫:畳・襖製作担当

PAGE TOP