菩提寺改装工事その2

貴賓室内部01
貴賓室内部01

貴賓室内部は吉祥院さんの紋である桜を特注で京都西陣にて作って頂いたものを使用しています。敷き方はご家庭によく見る回し敷き(祝い敷き)ではなく、四ツ井敷き(広間敷き)になっています。

紋縁の場合、隣り合った紋同士が合うように畳を作っていきます。この作業はとても気を使います。

そして畳と畳の継ぎ目は柱の中心に来るようにします。こうするためには十分な計算を行って作業をしなくてはなかなかうまくいきません。

時間をかけて慎重に作業を行いました。

おすすめ記事

  1. 皆さんにお世話になっております

関連記事

  1. あけましておめでとうございます。
  2. まちゼミポスター掲示しています
  3. 埼玉県八潮市M.H.様邸
  4. 埼玉県ふじみ野市M.K様邸
  5. 埼玉県戸田市SP社様
  6. 東京都練馬区I.T社様
  7. 川口市Y様邸表替え
  8. 201604さいたま市中央区G社様02 さいたま市中央区G社様

畳、襖、障子、網戸など気になりましたらお問い合わせください。

お客様のお問い合わせがない限りお電話をおかけすることはありません。 お見積もり無料でお伺いし、御見積書を作成させて頂きます。 当店の施工は運送代、家具移動、引き揚げ、敷き込み、清掃、すき間調整、高さ調整などすべて施工代金に含まれていますのでご安心ください。

私たちがお伺いします

jiga-a011
新関 博:畳ドクター、畳職業訓練指導員
jiga-b011
新関 道夫:畳・襖製作担当

PAGE TOP