山形に行ってきました

先日、山形に住んでいる伯父が96歳で亡くなったとの事で、山形に行ってきました。
急なことでしたので急きょ切符をとり、山形へ向かいました。


山形についたのはお昼前、ちょうどお腹が空いていたので従兄弟とラーメンを食べようという話になり、駅前のラーメン屋さんに入店しました。


昭和13年創業の文字にひかれて入店したのですが、山形発祥のお店かと思いきや、ここは”京都ブラック”で有名な京都駅前屋台中華そば「新福菜館」で修業した店主が独立し、秋田で改良を重ねて「末廣ラーメン本舗」として開業した有名店だったんですね(^^ゞ、

私は実は冷やしラーメンが食べたかったのですが、なかったのでチャーシュー麺を注文しました。


まずはスープの色にびっくり!鶏ガラ、豚骨ベースのたまり醤油を使った真っ黒なスープでしたが、思ったほど脂っこくはありませんでした。またのっている薄切りチャーシューのボリュームがすごい量で、麺も中太でお腹一杯になってしまいました。

スープも最後まで熱くておいしかったのですが、濃いめのスープなのでライスと一緒に食べないとちょっと喉が乾く感じでした。


その後、告別式、35日忌と法要を済ませ、お清めになったのですが、先ほどのラーメンが聞いていてお腹に入りません(笑)。結局少し残してしまい申し訳ない事をしてしまいました。

そういえば前回山形に行ったのは伯母さんの法事だったので、今度は別の機会にゆっくり訪れてみたいなあと思いました。

おすすめ記事

  1. 皆さんにお世話になっております

関連記事

  1. 畳表の材料「い草」とは(その4)
  2. 台湾視察研修その6(終わり)
  3. 地元ケーブルテレビ局の取材がありました
  4. くまモンキャンペーン当選
  5. 台風一過
  6. ああ上野駅(古!)
  7. 畳表替えリベンジ
  8. 今年は気をつけましょう

畳、襖、障子、網戸など気になりましたらお問い合わせください。

お客様のお問い合わせがない限りお電話をおかけすることはありません。 お見積もり無料でお伺いし、御見積書を作成させて頂きます。 当店の施工は運送代、家具移動、引き揚げ、敷き込み、清掃、すき間調整、高さ調整などすべて施工代金に含まれていますのでご安心ください。

私たちがお伺いします

jiga-a011
新関 博:畳ドクター、畳職業訓練指導員
jiga-b011
新関 道夫:畳・襖製作担当

PAGE TOP