会社紹介

ご挨拶

代表取締役 新関 博

代表取締役 新関 博

当サイトをご覧いただきありがとうございます。「たたみはニイゼキ」(有)新関商店は埼玉県川口市を中心に埼玉県中南部東京都北部を営業エリアとし、地元の皆様に喜んで頂ける商品をご提供いたします。
さて当店は大正10年(1921年)初代 新関惣助が台東区浅草で修業を終え、現在の埼玉県川口市で創業いたしました。戦争中も畳を作っていましたので畳で防空壕を作ったと聞いております。戦後も何とか商売をさせていただき、昭和32年(1957年)4月、有限会社新関商店を設立いたしました。 おかげさまで創業以来96年間、地元の方々に支えていただき現在まで営業しており法人としても59年を超えるに至りました。

現在、住まいは洋風化になりつつあります。しかし当店は「日本固有の文化である和室、畳を守りたい」と考えています。
国産畳表の95%以上は熊本県八代市で生産されています。い草農家は平成元年には5460件もありましたが、現在は10分の1の558件しかありません。重労働で若者が育たないのです。い草農家は時給に換算すると200円程度しかないそうです。

畳には良いところがたくさんあります。柔らかく、足触りの良い畳は足の感覚を 鍛え、素足で歩く生活は脳の発達にも良いそうです。また防音、断熱効果に優れた畳はエコロジカルな商品です。

北九州市立大学の森田博士の研究で 「畳には集中力持続効果がある」ことが明らかになりました。これは畳の香りには森林浴と同じようなフィトンチッドが含まれ、畳の色がリラックス効果を生み、素足で勉強するので集中力アップにつながったようです。
机で作業される方も、足の下にミニ畳を置いてみると、素足の感触でリラックスできますよ、ぜひ一度お試しください。
通常の畳替えだけでなく、例えばペットに対応したい、一定期間フローリングのようにしたい、介護用にしたいなど様々な要求にお応えできる畳も取り揃えております。
また洋間に合うおしゃれな置き畳や畳小物などもございます、ご用命ください。

当店は畳だけでなく、フスマ、障子、網戸など和室をトータルでリフォーム可能です。
お客様のご希望をかなえ、ご満足いただける施工を目指して日々努力を 重ねております。

ご近所やお友達で畳や和室が話題になったときはぜひ「たたみはニイゼキ」(有)新関商店 をご紹介いただければ幸いです。最後までお読みいただきありがとうございました。

たたみはニイゼキ (有)新関商店 新関 博


たたみはニイゼキお取扱商品

当店では以下のものをお取扱いいたしております。

畳工事一式:新畳、表替え、裏返し、置畳、縁なし畳(琉球畳)、モダン乱敷き畳、畳小物、縁バックなど

襖、障子、網戸他


会社概要

社名
有限会社 新関商店
代表取締役
新関 博
所在地
〒332-0034

埼玉県川口市並木2-40-17

TEL. 048-252-4047

FAX. 048-254-0451

たたみはニイゼキ(有)新関商店アクセスマップ

〒332-0034 埼玉県川口市並木2-40-17
TEL.048-252-4047


電車の場合

京浜東北線西川口駅東口を出て、南側線路沿い川口駅方面へ約4分。
または川口駅東口より北側線路沿い西川口方面へ約20分。

自動車の場合

首都高川口線加賀IC出て一つ目信号(入谷7丁目)左折川口方面6㎞、西川口陸橋側道線路突き当り左折200m
または産業道路川口警察署交差点より南方向600m、ラーメン店右折、2つ目路地左折、線路突き当り右側
※駐車場2台(店舗前1台、店舗脇1台)事前にご連絡いただければ3台まで駐車できます。

資本金
500万円
設立
1921年
取引銀行
埼玉りそな銀行、川口信用金庫、ゆうちょ銀行、楽天銀行

沿革

1921年(大正10年) 創業者新関惣助 川口市青木にて創業

新関惣助(祖父)

新関惣助(祖父)

1935年(昭和10年) 現在地 川口市並木2丁目に移転
1945年(昭和20年) 戦争中も何とか乗り越え終戦を迎える
1957年(昭和32年)4月 有限会社新関商店設立 二代目新関惣一 代表取締役就任

新関惣一(父)

新関惣一(父)

1978年(昭和53年)4月 新工場、ショールーム完成移転
1989年(平成元年)4月 三代目 新関博 代表取締役就任

新関 博

新関 博

2011年(平成23年) 創業90周年を迎える
2011年(平成23年)8月 新店舗工場オープン移転
2015年(平成27年)4月 創業94周年、会社創立58周年

Facebook plugin

PAGE TOP